名古屋覚王山「玉屋」かつ丼の量が多くて驚愕してしまうデカ盛り麺類食堂

覚王山-玉屋-外観
この記事は約3分で読めます。
広告

かつ丼の量が多くて驚愕してしまうデカ盛り麺類食堂

名古屋覚王山。ここには古くからある宗派にとらわれない仏教のお寺「日泰寺」というのがあり、参拝客や観光客もいらっしゃる。熱田神宮ほど有名ではないので、混んでいないし、境内が広く、大きな五重塔もあるので散歩するにはちょうどいい場所だと思う。
今回の店はそのお寺につながる道の入口付近にあるお店。以前ネットで見かけた店が散歩している最中にちょうどあったという状況。

店の雰囲気

14時を少し回ったあたり、引き戸を開けると満席だった。店内は4人掛けのテーブル席や小上がりなど全部入れると30人位は入れる感じ。少し待っていたら奥の居住スペース?みたいな場所が空いたのでそこに通された。そこにテーブルは2つあって一方の席には家族連れ、そしてもう一方に自分と、3帖くらいのスペースなので少し気まずかった。しばらくして注文を聞きにきてくれたのでかつ丼を注文した。

以前、ネットで見た時、この店のかつ丼はとても量は多いと書いてあり、大盛りを注文すると、日本昔話のまんがの様にてんこ盛りのご飯とかつが別添えでくるとのこと。実は気持ちは若いままで、大盛りチャレンジメニューとかしてみたいのだけど、普段の食生活からすると全く食べきれる自信が無いので並盛を注文した。

覚王山-玉屋-かつ丼1

かつ丼 750円

しばらくしてかつ丼が到着。写真で分かると思うが明らかに量が多く、かつ丼がドーム状になっている。

覚王山-玉屋-かつ丼2

かつ丼 ずらして撮影

イメージとしてはどんぶりのほぼ縁までご飯が入っている感じ。ごはんの量が凄まじい。

覚王山-玉屋-かつ丼3

かつ丼 食べ進める

実際に食べ進めると、食べても、食べてもご飯が出てくる。そしてご飯を多さに目がいきがちだが、かつも大きくて肉厚。咀嚼が大変で食べ進めると顎の力がだんだん失われていく。
かつ丼は独特な作り方で先ずは揚げたかつをだしに浸して、ご飯に乗せ、その上に後からだしで固めたかき玉を乗せるというスタイル。(お会計の時に仕上げをしているところが見えた)味はまあ普通かなあと思う。因みにかつ丼の大盛りは870円とのことでたった120円の差額で見たことのない景色を見ることが出来ます。

名古屋にはこの店以外にもデカ盛り好きの間では有名な店がいくつかある。今回並盛だったが食べられたので、次回はあの有名な揚げ物定食のお店に行ってみたいと思う。

この店のまとめ

  • かつ丼以外も量は多い
  • 大盛りはご飯がまんが盛り
  • 行列はなく満席でもすぐに入れる

基本情報

  • 店名 : 玉屋
  • 住所 : 愛知県名古屋市千種区山門町2-47
  • 営業時間 : 11:30-14:30 / 17:00-20:20
  • 予算 : 1,000円以下

この店に関係するリンク

ギャラリー

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :
頼んだもの :
感想 :

この記事を書いている人
タッキー

下町生まれの下町育ちで毎日のようにどこかの居酒屋で一人飲みしています。たまには誰かと一緒に飲みに行きたいと思っていますが、約束がすごく苦手なので仲良くさせていただけるのであれば、当日突然誘ってください(^^♪

タッキーのSNSアカウントです。よければフォローをお願いします
ごはん屋名古屋市千種区愛知県
広告
広告
この記事が良かったら知り合いにひろめよう!
タッキーのSNSアカウントです。よければフォローをお願いします
広告
ひとり酒場

コメント