ひとり酒場ではみなさんのお気に入りのお店を募集しています。このサイトで紹介してみませんか?詳しくはタップして下さい。

那覇市牧志「琉球大阪(蛸屋本店G)」本場大阪の味が楽しめるたこ焼き居酒屋

那覇-蛸屋本店-外観-1123
この記事は約4分で読めます。

本場大阪の味が楽しめるたこ焼き居酒屋

沖縄といえば、チャンプルーや沖縄そばなど地元の美味しいものがそろっている。だから旅行に行った時には現地の名物料理を食べることがひとつの楽しみだ。短期間の旅行であれば食事の回数が限られているので尚更。それでも沖縄に来ると必ずこのたこ焼を食べに来る。誰かのTwitterで見かけたのがキッカケで通うようになり、国際通りからはかなり離れた位置にあって、アクセスが良いとは言えないが惹かれるものがある。

店の雰囲気

店の外には簡易なテーブル席が2つ。扉を開けるとカウンター席と4名掛けのテーブルが2つ。テーブルは真ん中が鉄板となっているが今は使われていないように見えた。外のテーブル席も併せると25名くらいは入れる感じだと思う。とりあえずせんべろセットをオーダー。

那覇-蛸屋本店-せんべろセット-1123

キンキンに冷えたグラスに注がれたオリオンビールとたこ焼きの相性は抜群!「せんべろせっと」1,000円

発泡酒のサザンスターは、沖縄県産米「ちゅらひかり」を原材料にして、沖縄の夏に最も合うスッキリな味わいに仕上げたもの。ビールと比べて薄いなという印象はあるけども、リーズナブルに飲めるので嬉しい。店内を見渡すと、お好み焼やたこ焼の見本となる写真がところ狭しと貼られていて、お客さんが料理をイメージしやすいという工夫だろうか、沖縄にはこういうホスピタリティーの高い店が多い。せんべろフードとして選んだのはたこ焼き。

那覇-蛸屋本店-たこ焼き-1123

ねぎ塩とマヨネーズのハーモニーが食欲をそそる「ねぎ塩たこ焼き」350円

大ぶりのたこ焼が6個。上にはねぎ塩がかけられている。外側はカリッと焼かれていて、中とろ〜り熱々。タコも大きく切られていて満足感は抜群だ。これは本場関西の店舗と比べても引けを取らない旨さだと思う。毎回店を訪れるたびに、もう一皿食べたいという衝動にかられる。でもこの後ハシゴ酒をすることを考えるとここでお腹いっぱいになり、終わるわけにもいかない。そんな葛藤に苛まれるほど、このたこ焼きは美味しいのだ。

那覇-蛸屋本店-たこ焼き2-1123

チリソースがたっぷりかかったエスニック風味「チリソースたこ焼き」350円

これは別日に食べたチリソースたこ焼き。少し甘辛いチリとソースの相性がぴったり。なんと言ってもこの店のたこ焼きは350円という破格な値段設定。ここまで安いとだいたいタコが小さくて入ってるの否か分からないようなものが多いけど、この店はしっかり大きなものが入っている。

カウンターでとなりに座ったお姉さんは、お好み焼きをオーダーし、ペロリと平らげ颯爽と帰っていった。お好み焼きを食べたことはないけど多分美味しいのだろうと容易に想像できた。次回はお好み焼きをアテにサザンスターでやりたいと思う。

この店のまとめ

  • たこ焼き一皿6個350円
  • 本場関西の味
  • おすすめはねぎ塩味
  • せんべろセットはドリンク3杯

基本情報

  • 店名 : 合同会社琉球大阪(蛸屋本店グループ)
  • 住所 : 沖縄県那覇市松尾2丁目22−17
  • 電話 : 098-865-5535
  • 営業時間 : 14:30-0:00(月-金) , 13:30-0:00(土)13:30-22:00(日)
  • 定休日 : 無休
  • 予算 : 1,000円

営業時間・定休日に関しては、当時の情報となり政府措置やお店の都合により変わる可能性があります。本記事より極力店舗の電話番号も掲載しますので、事前に確認してから訪問することをおすすめします。

ギャラリー

この店に関係するリンク

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :
頼んだもの :

 

この記事を書いている人
ひとり

下町生まれの下町育ちで毎日のようにどこかの居酒屋で一人飲みしています。たまには誰かと一緒に飲みに行きたいと思っていますが、約束がすごく苦手なので仲良くさせていただけるのであれば、当日突然誘ってください(^^♪

ひとりのSNSアカウントです。よければフォローをお願いします
居酒屋沖縄県那覇市
この記事が良かったらシェアしよう!
ひとりのSNSアカウントです。よければフォローをお願いします
スポンサーリンク
ひとり酒場