カシラみそ、それだけで充分過ぎる居酒屋|大松-足立区-綾瀬駅

僕が食べたもつ焼きは1,000本越え

効率的な居酒屋オペレーション

この店に出会ったのはもう10年以上前。今の場所から数十メートル離れた場所に元々はあり、かなり年期の入ったお世辞にも綺麗な店とは言えなかった。そんな店に毎日のように通い、かしらみそをツマミに下町ハイボール(以下、ボール)を呑んでいた日々を今では懐かしく思う。当時は新しい部署での激務が続いていて心が折れそうになっていたが、今思えばこの店のもつ焼きとボールがあったおかげで僕は救われたのかも知れないと思っている。

そして、この店では様々な事を学ばしてもらった。主には「自分の仕事に線を引かないこと」「従業員同士助け合うこと」「効率を追求すること」など、狭い店内の中を数名の従業員が声を掛けあい、助けあい、お客さんを待たせない、満足をさせるという事が徹底されている。それは店主が激を飛ばしてやっているのではなくて、従業員ひとりひとりが自ら考え行動していることが素晴らしいと思う。その当時「どうしたらこんな風にできるのだろう?」と真剣に考えながらボールを呑んでいた。やっぱり仕事の事が頭から離れ無かったのだと思う。

移転して綺麗になって行列が増えた

blog_import_56431efa804ad

個人的には移転前の方が趣あって良かったと思っている。が、時代の流れとともに見るからに汚い店構えでは客足も遠のいていっていたのだろう。新店舗は非常に綺麗になってテーブル席も増えた。最近では若い人たちが行列に加わっていることも良く目にする。訪問するのであれば出来るだけ早い時間を狙らって行った方がすんなりと入れると思う。

かしらみそがおススメ

blog_import_564320ca1726a

毎日のように通っていたが、毎日のように同じものばかりを注文していた。お目当てのカシラみそが売り切れていると店員のおばちゃんが残っているものリストを進んで見せてくれた。カシラみそを出している店をここしか知らず、何とかのひとつ覚えでそればかりを食べていた。カシラみそはその味噌に秘訣があると思うが少しピリッとして、且つ少し甘いような何とも言えない旨さがある。その他のおススメは厚揚げ納豆、つくねの塩カレー、なんこつ塩あたり。つくねの塩カレーとは、つくねの塩やきにカレー粉をまぶしてあるもの。つくねのたれカレーもあるが、たれの味がカレー味を打ち消してしまうのであまりおススメできない。つくねの塩カレーは一度食べて欲しい一品だ。

この店のまとめ

  • Goodyの心の拠り所
  • 従業員の動きが素晴らしい
  • 下町ハイボールが呑める
  • カシラみそはマストオーダー
  • だんごの塩カレーも旨い!

基本情報

  • 店名 : 大松
  • 住所 : 東京都足立区綾瀬2-24-4Google地図で場所を確認
  • 営業時間 : 17:00-23:00
  • 定休日 : 日曜・祝日
  • 予算 : 1,500円以下

この店に関係するリンク

Vine 大松編

訪問記録(都度書き足していきます)

daimatsu_kashira_0927日付 : 2016/9/27

頼んだもの : かしら塩(400)・ボール(280)×2

感想 : 店頭の行列が無かったので久しぶりの訪問。若干のメンバーの入れ替わりがあったようで、初めて会う店員さんが一人いました。以前の店舗の方がやっぱり趣があって良かったなと思いながらしみじみ吞んできました。過去毎日のように通っていたけど、今は常連とは程遠くなってしまい、最近の常連の方の隣でタバコを吸い始めると途端にイヤ顔されるという洗礼を受けてしまった() どこであってもタバコを吸う人は肩身が狭いですね。そういえば西口の方の元「韓王麺」の店舗があった場所に「もつ焼き てるちゃん」の看板が掲げられていた。聞いたところによると、ここ大松で働いていた方が店をオープンするみたいです。「もつやき あらちゃん」とガードを挟んで至近距離なので、両者共倒れなんてことにならなければよいな・・・と少し心配しています。

IMG_8921日付 : 2015/12/8

頼んだもの : かしら塩, まごう焼き, ボール×2

感想 : 久しぶりの訪問。店員のみなさんも相変わらず元気で安心しました。綾瀬でもつ焼き食べるならやっぱり大松だわ。

スポンサーリンク




コメント

  1. […] 感想 : いつものツマミしか殆ど頼まない。それには少し理由があって、揚げ物とか炒めものの量が多いのでそれを頼んでしまうと他のものが食べられなくなっちゃうんだよね。一品だけだと少し申し訳ない気もするし。 先日八広の「亀屋」で会った常連さんはここに来たのだろうか?綾瀬でおススメの店を聞かれたのでここと「大松」「串のこたに」を教えておいたんだよねー。 […]