伏見地下街「立ちすし 長者町横丁」昼飲みやランチもいただける立喰いスタイルの寿司居酒屋|名古屋市

ランチもいただける立喰いスタイルの寿司居酒屋

「酒と器とあなたに出逢う」というイベントの初日、名古屋で知り合いになった方と待ち合わせをして伏見地下街に行ってきました。このイベントは2000円でチケットを買って、伏見地下街の居酒屋で使える飲食用のチケットが5枚、そして瀬戸市から多く作家さんが酒器を並べて売っているので、それを購入する際に使える割引券500円分が付いている。「飲み歩きをしながら、お気に入りの器を見つけてくださいね」的なイベント。せっかくチケットを買ったので伏見地下街の行ったことないお店に行ってきました。

店内の雰囲気

店先では若い店員さんが呼び込みをやっていました。先客は4名ほどで、店内はカウンターのみで8名くらい、外に4人かけのテーブルが2つ置いてあります。
先ほどの店員さんが持っていた黒板には「生ビールorハイボール 280円」と書いてあり、どうやらイベントのチケットを使うより現金で払った方が安いようです。ファーストオーダーは生ビール。

サッポロ黒ラベル 生ビール 280円

中生よりも少し小さいサイズだと思います。この日も暑くて昼間からのビールは最高に美味しいです。そしてつまみをオーダー。

厚焼き玉子 100円

お寿司屋さんの玉子焼きはほんのり甘くて美味しいです。

なすときゅうりの浅漬け 300円

これも絶妙な塩加減で漬かっていてとても美味しい。なすは夏の季節の野菜だからたくさん食べた方がいいですね。身体を冷やしてくれます。

どうやらいつものこの時間は昼営業が終わり、一旦店を閉めてよる営業に向けての仕込みをしている時間だとか。よって店主は魚を捌いたり、塩辛の仕上げをしてみたりと大忙し。他にも注文しましたが、まだ準備が出来ていなく食べることができませんでした。
この後、生ビールをもう1杯頼んでお会計を。残念ながら寿司を食べることはできませんでしたが、通常は数種類の地酒が用意されていて、一律70ml 280円で提供しているとのこと。機会があったらまた行ってみたいと思います。

この店のまとめ

  • 立飲みスタイルの寿司屋
  • 生ビール or ハイボール 1杯 280円
  • 地酒も70ml 280円で提供

基本情報

  • 店名 : 立ちすし 長者町横丁
  • 住所 : 愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 長者町横丁
  • 営業時間 : 11:00-14:00 / 17:00-22:45
  • 定休日 : 日曜日
  • 予算 : 2,000円

この店に関係するリンク

立ちすし 長者町横丁 (@tachisushi_chojyamachiyokocho) • Instagram photos and videos
32 Followers, 12 Following, 8 Posts - See Instagram photos and videos from 立ちすし 長者町横丁 (@tachisushi_chojyamachiyokocho)

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :
頼んだもの :
感想 :

コメント