女川「明神丸」山盛りの美味しいマグロ丼がおススメの海鮮丼屋|女川町

今回までみちのくシリーズが続きます。この日もあいにくの雨。なかなか太陽を拝むことができていません。本当はこの日「蔵王の御釜」を見にいくはずだったのですが、途中までいったけど濃霧で引き返してきました。

だんぼるぎーに?

今、僕はここにいます。
これ知っています?段ボールで出来た「ダンボルギーニ」ってやつです。これ全てが段ボールで出来ているなんてすごいですよね?これは展示用なので売っているわけではないのだけど、段ボールで作る昆虫や家などお土産的なものは売っています。そしてこの店は「Konpo’s Factory(梱包工房?)」といってシーパルピア女川という場所にあります。

シーパルピア女川というのは・・・

町内外の人が気軽に訪れ、集い、語り合う場をつくることを目的に、海を見ながら集いにぎわえる町の“居場所”を形成し、駅前広場(レンガの広場)、レンガみちを介して、日常の生活と非日常(観光等)の交流が生まれる場づくりを心がけました。いざという時には、レンガみちは安全な高台へ向かう明確な避難路にもなります。

ということで、ここはテナント型の商業施設。小売店、女川の味を満喫できる飲食店をはじめとするさまざまな業種の27店舗が出店しています。震災の後に作られているのでとても綺麗な街並みになっていて、土日には、牡蠣やホヤの浜焼きができその場で食べられるそうです。しかしこの日は生憎の雨で浜焼きはやっていませんでした。それを楽しみに来たのですが、「もう海の幸を食べられればいいやっ!」ってことで、「まぐろ屋 明神丸」さんへ。

中に入ってメニューを眺める。いろいろと種類はありましたが、「まぐろ屋」というくらいなので、自分はマグロの三色丼をオーダー。お茶を飲みながらしばらく待っていると運ばれてきました。

まぐろ3色丼 1,000円!

うぉんんんんんんんんんん!!!

こんなにも写真どおりの盛り付けでくるものでしょうか?小ぶりな丼の中にはシャリがかなりの量敷き詰められ、その上には肉厚のまぐろたち・・・これで1,000円は圧倒的なコスパです。そして早速いただくと・・・・

この肉厚なマグロはほんとに美味い!

ウマーーーーーーベラス!!!

これ本当に言葉で表せないくらい旨いです!ヤバいです!美味しい!中心にネギトロ、そして周りを取り囲む、赤身、中とろ、大トロも若干入り。ここまで美味しいまぐろ丼を食べたのは初めてです。マグロ三色丼の(上)は300円だけ高いですが、もし頼んでいたら「うれしょん」してしまったかも知れません。

もう、あの震災から7年が経過しています。全て元通りってはならないけど、こういう場所ができたり、多くの人が働いていたり、笑っていられるのが凄く嬉しくおもったよね。こんな値段で美味しいものも食べさせてもらったし。また、そのうち東北に遊びにきたいと思います。

基本情報

  • 店名 :まぐろ屋 明神丸
  • 住所 : 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原1-4 シーパルピア女川C-14
  • 営業時間 : 11:00-14:00
  • 定休日 : 木曜日
  • 予算 : 1,500円

この店に関係するリンク

シーパルピア女川
ミニスーパーや小売店、女川の味を堪能できる飲食店、魅力的な制作販売などさまざまな業種の店舗が出店しています。日用品・工房・飲食エリアから構成され、町民の日常生活をサポートする商業機能だけでなく、来町者・観光客の需要に対応した機能も併せ持ちます。
まぐろ屋 明神丸
宮城県女川町のまぐろ屋 明神丸のホームページです。

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :
頼んだもの :
感想 :

コメント