岐阜旅行者は絶対食べて帰るべき冷やしたぬきそば|更科-岐阜市-岐阜駅

東京にいた頃は、よく、そばを食べていた。駅の近くには必ずといっていいほど、立喰い蕎麦があったし、町の中にもたくさんそば屋があった。しかしここ名古屋に引っ越してきてからそばを食べる機会がめっきり減ってしまった。駅のホームにはきしめん屋があったりするが、そばはのけ者扱い。関東では有名な「富士そば」「ゆで太郎」「小諸そば」は残念ながら一軒も無いのです。

 

◆信長公ゆかりの街

今、僕はここにいます。

岐阜県や愛知県は観光客を呼ぶために、これ系(なんていったら怒られるな・・・)のイベントを多くやっています。市内には劇画タッチで描かれた武将のラッピングバスが走り、駅前には沢山のぼりをたりして・・・。しかし日本史に全く興味のない自分にとっては何が良いのかさっぱり分からず、城に行っても何の感動もないという始末。

 

◆ 岐阜市のマンホール

今、僕はここにいます。

マンホールの蓋には鵜と鮎が書かれています。長良川の鵜飼いを現しているのですね。その鵜飼がおこなわれる川に向かって岐阜駅から歩くこと20!!!そこに今回のお目当てのそば屋があります。

以前知り合いに1回連れて来てもらって、完全にこのお店のとりこ。岐阜駅から歩くとホントに20分くらいは余裕でかかるけど足繁く通っているのだよね。開店前には駐車場には行列ができるけど、昼時でも回転が早いので直ぐに食べることが出来る店内は基本相席で60名位は入れる大きなお店。ただそこに沢山のお客さんが入るので常にギュウギュウ詰め。

 

◆ メニュー

このメニューの言葉の意味とか、まだあまりわからんけど、具の追加などあるから色んなアレンジが出来るのだろうね。「おばけ」「ゆうれん」って何のことだろ? そしていつもお決まりのものをオーダー。

 

◆命の水

このやかんを見てスクールウォーズを思いだすのは自分だけかね?葛城ユキのヒーローがこだまするのは自分だけではないはず。このやかんから常温麦茶をついで待っていると・・・

 

◆冷やしたぬきそば ダブル 770円

うぉんっ!!!!!(o)

きたきたきたきた!!!キタジマコウスケ!!!(o)

注文から僅か1-2であなたの目の前に美味しそうなそばが届きます。量は普通のそば屋の2.5人前程あるかと思う。南砂町の「満留賀」とボリュームは張ってるレベル。普通たぬきそばは天かすのみだけど、この店は油揚げものっているので東京でいう「冷やしむじなそば」です。濃いツユが底の方に入っているのでまぜソバの如く混ぜて食べます。

 

◆麵リフ

うまいジャマイカ!!!!(^^)

麵は少しぼそぼそっとしていて「角萬」っぽいんだよね。そばなのにちょっとワシワシ食べる感じ。これは本当に美味い!!!しかも安くて量があって本当に気に入ってしまった。

 

◆七味と一味

わさびも大量にのってくるのだけど、それを使い終わった後はこの一味を投入。こんな器に入っているからってバカにしてはいけない、辛みが飛んでしまっていることは全くなく、辛みMAXなので投入する時は注意してね。

 

◆混ぜて混ぜて

一味を投入し濃ゆいツユを混ぜて混ぜて最後は一気にいただく。その後はそば湯でエンディング。

岐阜にきて何食べなきゃいけないかって、「飛騨牛」でも「鮎」でも「丸デブラーメン」でもなく間違いなく「更科の冷やしたぬきそば」だと思う。これを食べずして岐阜から帰ってはいかんね。

とはいうものの、皆なしょっちゅう岐阜なんかに()来られるわけないので、一度食べてみたいという人はお店のホームページを見て注文してみるといいよ。(FAXか電話のみ)

セットの写真を見るかぎりでは、全ての具材(葱やわさびまで)がセットになっているから、茹で方と冷やし方を指示どおりにやれば再現性は高いのではないかと思う。

基本情報

  • 店名 : そば 更科
  • 住所 : 岐阜県岐阜市京町3-4
  • 営業時間 : 10:30-19:00() / 10:30-18:00(日・祝)
  • 定休日 : 毎月第三日曜日
  • 予算 : 1,000

この店に関係するリンク

そば 更科HP 

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 : 

コメント