昼飲みでコスパを求めるなら候補になる店|一軒め酒場-中区-伏見駅

大曾根で昼飲みせんべろをした後、小腹が空いたので新栄に向かう。お目当ては「吉野屋のカレーころきしめん」だったが、ここもまさかの臨時休業。どうして予定通りに営業してくれないのかと、拳を強く握りしめ、その後遠い目をして、意識が遠くなってゆく・・・。「ふう・・・またか・・・」

 

今、僕はここにいます。

とぼとぼと歩きながら、吉野屋近辺で見つけたカラフルなビル。こんな店が住宅と混在していたりするのでびっくりする。どんな業態なのかは皆さん想像力に任せます。

そんな感じで今日は空振り2回でツーストライク、後1回空振りするとアウトになってしまうので、間違いなくやっているお店ということで「一軒め酒場」へ。

この行くまで知らなかったのだけど、一軒め酒場って養老の瀧グループだったんだね。知らなかった。本家の養老の瀧は渋―い感じで残っているけど、今では一軒め酒場の方が有名かも知れない。そしてファーストオーダーは酎ハイ

 

◆酎ハイ 190円

この値段だから幾ら飲んでも財布に優しい。アルコール度はほんのり感じる程度なので何杯でも飲めちゃうからコスパは良いといえないかな。ツマミは串カツとポテサラをオーダー。

 

◆神田旨カツ99円

ネーミングが意味不明だけど、東京出の自分でも全く分からない。名古屋の人は東京の神田にこういう名物があるのだね・・・と勘違いしそう。でも名古屋名物の串カツよりも美味しい()

 

◆アンチョビポテトサラダ 200円

ポテトサラダ自体は残念な感じだけど、アンチョビが乗っているのは嬉しい。アンチョビってスーパーで買っても食べきれないほど入ってるじゃない?だからなかなか買うことが出来ないんだよね。小さな缶とか瓶で売っているのだけど、ほんとチョビっとだけでかなりしょっぱいからね。こういうところで食べられるのはいいわ。そして追加オーダーは・・・

 

◆ウコン茶割 190円

吞兵衛っておお酒飲んでいること自体あまり身体に良くないのに、ウコン茶割とか牛乳酎ハイとかクエン酸サワーとか変なあがきを見せるよね。トマトジュースハイとか飲んで「野菜も摂取しなきゃ!」とか言っていたりする。

ところで自分が入店していた時から入口付近で男女が飲んでいた。女性の方が酷く酔っぱらっているらしくシチュエーションとしては、大学か高校の時の同級生な感じ。付き合ってはいないけど、友達レベル恋人未満なのかなと思う。その女性は目の前にいる彼ではない共通の知り合いの男を

ずーーーっとべた褒めしている。

かっこいい!モテる!優しい!男気がある!などなど・・・。その話がどうしても耳に入ってきてしまって、ウコン茶割が・・・

いつも以上に苦く感じて!!!!(o)

そんなに褒めなくても、目の前の男の子がかわいそうじゃんって・・・。自分も凹んだ気持ちになっちゃって・・・

 

◆灘の銘酒 白鶴 190円

飲み物をぽん酒に代えさせていただきました。そしてツマミを追加。

 

◆いかチヂミ 220円

頭の中では八代亜紀の「舟唄」がこだましている訳ですが、メニューを見ても「炙ったイカ」は無かったのでイカ繋がりでいかチヂミ()

 

◆揚げたて(納豆) 220円

厚揚げ納豆的な食べ物で美味かった。「大松」はこれに辛味噌が付くのだけど、ここのはどちらかというと揚げ出し豆腐に納豆って感じかな。

こんな感じでこの日の昼飲み出来る店の捜索活動は終わり。日曜日は12:00から営業しているから「老舗」とか「渋い」とかは名古屋では求めずに一軒めで良いかもしれないね。そして一軒め酒場はどこにでもあるから全国の昼のみファンの期待に応えられるよね。

基本情報

  • 店名 : 一軒め酒場 伏見店
  • 住所 : 愛知県名古屋市中区栄2-2-36
  • 営業時間 : 15:00-24:00()/15:00-23:00()/12:00-22:00(日・祝)
  • 定休日 : 無休
  • 予算 : 1,500円

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 : 

コメント