立飲みだけじゃない!座れる北千住の有名串揚げ店|天七分店-足立区-北千住駅

やっと以前に他でやっていたブログの記事で引っ越しできるものは全て動かしました。結構数が多かったのだけど、複数回行っている店もあったし、過去の内容を見ると恥ずかしいものばかりで、「2-3行」とか「写真だけ」みたいのもあって、とても面白くないものも多かった(汗)今後は呑み歩きを中心に、同年代の方に喜んでいただける様な内容で「ゆるく」書いていきますので、たまに読んでいただければ幸いです。

そもそも、40過ぎのオヤジが吞み歩いてるブログなんて大して面白い訳がない!詳細なメニューとか価格なんかは、食レポの巨人サイトにまかせておいて、自分は酒場で遭遇した事、同年代の人が日頃思うことなんかを踏まえてお届けしていきます。

題名の【座れる】と強調する意味。自分は結構立吞みが苦手・・・足腰が弱ってきているので長時間は無理なんだよね()あとすぐに酔いが足にくる、安上がりって言えばそうなんだけど結構避けて通る感はあります。ここ天七は北千住では有名な串揚げの店なんだけど、2店舗あってこちらは分店、本店と違って初老の自分にも優しい【座れる】店です。

tenshichi-chuhai

◆酎ハイ

ファストオーダーは酎ハイ。それを飲みながらメニューを見る。ここは基本的に串揚げしかないのでネタの表記だけが壁に掲示されている。そして、

殆どが裏返っている!!!(o)

そんなに遅い時間じゃなかったのに、種類が無くなっている。しょうがないのであるものをオーダー。オーダーは紙に書いて渡すシステムです。頼んだのは豚・タマネギ・うずら。

tenshichi-kyabetsu

◆無料のキャベツ(もちろん二度漬け禁止)

まあネタが無くてもウサギになったつもりでキャベツをバリバリ食べればいいからね。それを食べながら串が揚がるのを待つ。

tenshichi-kushiage

◆豚と玉ねぎ

左が豚で右がタマネギ。串が非常に熱くなっているので火傷に注意です。細かい衣が付いていてサクサクとした触感。非常に美味しいです。

tenshichi-uzura

◆うずらの玉子

うずらの卵って好きなんだよね。好きすぎて写真撮る前に一つ食べちゃったよ。

串揚げも最近はチェーン店が出てきたよね(でんがなとか田中とか・・・)そんな店に負けないようにいつまでも残って欲しい店だね

この店のまとめ

  • 北千住に2店舗
  • 本店は立吞み、分店は座り
  • 串揚げ1本140~
  • 出来るだけ早い時間にいかないと品切れが多くなる

基本情報

  • 店名 : 関西風串カツ専門店 天七分店
  • 住所 : 東京都足立区千住2-61 黒須ビル 
  • 営業時間 : 16:30-22:00
  • 定休日 : 日曜・祝日・第二土曜日
  • 予算 : 1,500円以下

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

コメント