東京3大煮込みを制覇しようと思ったのに|岸田屋-中央区-月島駅

東京3大煮込みと誰が言ったか知らないが、ここがそのうちの一つ「岸田屋」らしい。期待に胸膨らまして、地図を見ながらトボトボと探す。月島と言えばもんじゃのメッカらしいが自分はちょっと批判的な意見がある。と、いうのも「もんじゃ」とは下町っ子にとっては庶民の味でありとても安価で、こどもの頃、毎週土曜日は友達と必ず近くの駄菓子屋でもんじゃを食べていた。昼になると親から小遣いをもらって、「50円もんじゃ」(ベースの汁にキャベツ少々)に「ラメック5個」(これの個数で満腹感が変わる)にカレー粉かチーズをトッピングし、ちょっとリッチな日には「ミリンダ」で小遣いに乏しい時は「ちびっこコーラ」(いずれもジュース)を飲んでいた。200円あれば育ち盛りの自分でも腹いっぱいになれた。

でも月島のもんじゃは凄く高くて、明太子や牛肉などのトッピングがあって安くても千円位?とても子供や庶民が楽しむようなものではないような気がする。どちらかというと観光客目当ての店が多い。ただ、もんじゃの匂いというのはテンションが上がるのは間違いない。

あげぽよじゃ!!(^^)

kishidaya-noren

今日の訪問は一人じゃなくて、三千円しか財布に入ってない後輩を連れてきた。店に到着すると長蛇の列で行列がこんなに長いとは知らなかったので連れて来て正解。一人で来ていたら、多分行列を見た瞬間に帰るところだった。

列はなかなか進まない。

15分経過。まぁまぁ(^^)

30分経過。何人か入ったね(^_^;)

45分経過。ここからピタッと動かない。町は閑散としてきた(汗)

kishidaya-door

60分経過。いきなり暖簾を終い始めた。

マジっすか!!!(゜o゜)

でもすっごくチャーミングな気だてのいい若女将みたいな人に、

「待たせてすみません♪もう少しだから待っててくださいねぇ♪」

なんて言われちゃうと、

「ハイ!喜んで!!」

と言ってしまうもう一人の自分が現れる。これも男の性だわな。

イライラする気持ちを抑えつつ、長い事待っている間に後輩の色恋話を聞いては見たものの、真剣過ぎて話に落ちがなく、一向に盛り上がらずしばしの沈黙。なんてしている間に完全にLOの時間が過ぎちまった…。

そしてやっとの思いで入店。

kishidaya-counter

店内は趣のある感じ。うまそげなメニュー。書き方もそそるね。とにもかくにもファストオーダーで飲み物よりも先にお目当ての煮込みをオーダーする。すると、

「ごめんなさーい♪」

とさっきの若女将。

許す!!!!

でももう少し喋りたいから…

kishidaya-cat

「カウンタックあるのにぃ??

kishidata-countac

LP400あるのにぃ??」

「煮込み無いのーー??」

「ごめんね♪」

(好きです♡)

まぁまぁ(^^) 仕方なく、

kishidaya-geso

ゲソ焼き。いか好きなんだよなぁ。そのうち「いかオヤジ」って言われちゃうかもだな。

kishidaya-nuta

赤貝やはまち・うど・ワカメ・ネギの入ったぬた。ゴージャスなぬた。をかってに「五目ぬた」と名付けた。

kishidaya-nikudofu

あと最後に肉豆腐。肉豆腐のレベル見れば、煮込みがどんだけ美味いか分かっちゃうよね。茶褐色に煮込まれた肉と大きく切られた葱がアクセントになって、

旨いジャマイカ!!!(^^)

個人的にはこの肉豆腐を東京3大肉豆腐にランクインさせていただきたいと思います。Goody 肉豆腐ランキングは以下のとおり

残念ながら煮込みは売り切れで食べられなかったのだけど、逆に旨い肉豆腐に出会えたから良かったわ。またそのうち、若女将・・・・じゃなかった、煮込み食べにこないとだね。

この店のまとめ

  • かなりの繁盛店で行列必至
  • 若女将は綺麗な方
  • つまみはかなり旨い!
  • 東京3大肉豆腐にランクイン

基本情報

  • 店名 : 岸田屋
  • 住所 : 東京都中央区月島3-15-12→Google地図で場所を確認
  • 営業時間 : 17:0021:30
  • 定休日 : 日曜・祝日
  • 予算 : 2,000円以下

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

コメント