皿なんこつはマストオーダー|西口やきとん-台東区-浅草橋駅

サイドメニューが超おすすめ!

浅草橋で有名なやきとん

この店も相当数おじゃまさせていただいている。店舗は道を挟んで左右にあり、古い店舗の方は入口付近が立ち呑みスペース、奥にテーブル席がある、反対側の新店舗はテーブル席のみでどちらかというと多人数向けの作りとなっている。もつ焼きやというと多くの店が少人数(1-2名)で訪問するカウンター席のみのお店が多いが、ここ西口やきとんは大人数でもOKな店だ。よって僕はこの店で年に数回、会社の同僚を引き連れて呑み会を開くことが多い。普段は小洒落た都心の居酒屋で飲み会が開かれることが多いが、男子限定の呑み会はやっぱりこういう店がいい。

ここで呑むのはやっぱりバイス

nishiguchi-baisu

下町のもつ焼き屋にはやっぱりバイスが欠かせない。バイスとはコダマサワーが提供している梅酢入りの割材。見た目には結構毒々しい鮮やかなピンク色をしているが、もつ焼きを食べた口の中はバイスを呑むことでさっぱりとする。呑んだことが無い人に紹介すると初めは嫌がることが多いが、一口呑んでその美味しさにはまり、バイスばかりを呑む人が多い。味の説明は難しいが、誰しも子供の頃に駄菓子屋で飲んだ粉ジュースのような風味だ。

「皿なんこつ」「もんじゃ」があればマストオーダー

nishiguchi-nankotsu

もつ焼きの店だが、もつ焼きはそんなにおすすめはしない。なぜなら他の記事で紹介した、「のんき」「ブウちゃん」「大松」と比較すると明らかに劣るからだ。決して不味いと言う訳では無いことはしっかりと伝えておくことにする。もつ焼きは普通だが、それよりも絶対おすすめしたいのは皿なんこつだ。皿なんこつと言っても要領を得ないと思うが、なんこつがじっくりと炊かれて醤油味のついた煮込みの一種だと思ってもらえればいい。それが小皿に盛られて提供される。これが実に旨い。そして一皿200円と素晴らしいコスパだ。僕は一回の訪問でだいたい2皿は食べてしまう。なんこつはじっくりと炊かれているのでコリコリ感さえ無いが、柔らかく炊かれていてバイスが進む。一度も食べたことが無い人が居たらこれだけを食べに訪問しても損は無い。また、時々ではあるが「もんじゃ」も再度メニューとしてある時がある。月島なんかで食べる「もんじゃ」とは全く異なる(僕は「月島もんじゃ」を「もんじゃ」として認めていない)が小学生の頃に駄菓子屋の片隅の鉄板で作って食べた「もんじゃ」にそっくりなのである。ホワイトボードに書いてあったら食べてみて欲しい。

この店のまとめ

  • もつ焼き屋では珍しい大人数で行ける
  • バイスが呑める
  • もつ焼きのレベルは普通
  •  皿なんこつは絶品
  • もんじゃはたまにしかない

基本情報

店名 : 西口やきとん

住所 : 東京都台東区浅草橋4-10-2

営業時間 : 16:30-23:00() 16:30-21:00 (土曜) 15:00-20:00 (日曜)

定休日 : 祝日

予算 : 1,500円以下

この店に関係するリンク

西口やきとんホームページ

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

コメント