日本酒メインの立飲み屋は噂の地下街にあり|明後日-中区-伏見駅

「ネットの情報とは不確かなものである。」

先日Twitterからの情報で東京都江戸川区小岩にある有名もつ焼き店が閉店したとの噂を聞いた。数日後にはそれがガセ情報だと分かり安堵したが、考えされられたことがあった。

振り返ってみると、その店には一年以上行っていない。名古屋に引っ越してしまったこともあるけど最後に行ったのは昨年の夏の事だった。

自分はあまり足を運ばないくせに閉店してしまうと「なんで?どうして?」となる人は多いが、理由として「儲かっていないから」という事は多い。自分だけの飲み食いなんてたかがしれているけど、好きな店・気にいった店には足繁く通わないと最悪取り返しのつかないことになる。

そういうことを改めて考えさせられる事だった。

◆長者町横丁入口

今、僕はここにいます。

この怪しい光を放つ入口。夏の夜に見ればお化け屋敷か?と思わなくもないが、実は立飲みを愛する人達にとっては天国の入り口でもある。この階段を降りるとそこには十数軒の立飲み屋が軒を並べている。今日はそんな中の1つ。今まで混んでいてなかなか入れなかった「明後日」に訪問。

日本酒をメインにやっている立飲み屋さんで綺麗な店員さんがいらっしゃる。多分この人達目当てという人も多いかもしれない。店内は15名位入れるサイズ。日本酒はあまり得意ではないのでファーストオーダーはビールとつまみを少し。

◆ハートランドビール 400円 / 大人のポテサラ 300円

ハートランドはラッパ飲みも出来る小さいサイズ。おしゃれな店にはやっぱりこういうビールが良く似合う。ポテトサラダの方は「大人」というだけあってスパイシーな感じ。炙ったベーコンなんかも入っていて美味しい。つまみを追加オーダー。

◆キスの骨せんべい 200円

カリカリして美味しかったが、変なところに入ってしまったらしく、これを食べてから終始咽ていた(汗)、つづいて日本酒をオーダー。

◆純米酒 川鶴 500円

お酒の種類は常時10種類以上置いてあるらしく、専用の黒板メニューを見せてくれる。日本酒に疎い自分は一番上にあったものを選んでみた。うんっ!旨い!

どこがどんな風に旨いのか?というのは全くレポートできない。ワインも日本酒も全部同じように感じてしまう舌なので・・・。

小一時間も居なかったが店の雰囲気はとても良く、繁盛している理由が分かった。となりの店「」は凄く賑やかで、つまみも変わったスタイルだから面白いけど、大人にはこういう雰囲気でしっぽり飲む方が良いかも。日本酒は何杯も飲めないけど、また来たい店が一軒増えて良かった。

基本情報

  • 店名 : 和酒立吞 明後日
  • 住所 : 愛知県名古屋市中区錦2-13-24(伏見地下街内)
  • 営業時間 : 15:00-22:00
  • 定休日 : 日曜・祝日
  • 予算 : 1,500

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

鳳凰美田

日付 : 2017/10/27

頼んだもの : 大人のポテサラ・鯖焼き・鳳凰美田

感想 : 最近ちょくちょく寄らせてもらっているお店。但し、金曜日はダメだなー・・・混雑がハンパねーな・・・。因みに土曜日も営業しているのですが、夜でも結構空いていてゆっくりと出来ます。

スポンサーリンク