大曽根「べに屋」昼飲みせんべろしたいなら行くべき名古屋の店|名古屋市

昼飲みせんべろしたいなら行くべき名古屋の店

大曾根の角打ちでは唯一日曜日でも営業している「佐野屋」の開店時間にドンピシャ合せて訪問したのにやってない。このお店は元々「不定休」と書いてあるのでしょうがないけど、通常やっているはずなのに臨時休業というのは名古屋ではあるある話。結構な頻度でがっかり体験をするので気を付けた方がいい。

店の雰囲気

3連休中まさかのピンポイントで休みに当たるとはどんだけついてないんだ。と自分の運の無さに嘆いていた。

営業中の看板

佐野屋の目の前に・・・どうやら昼飲みができる居酒屋のようで、後でネットでググってみたが殆ど情報が無い店を発見してしまった。これぞラッキーゲイン!

立飲みエリア

店内はテーブル席がメインだが、少しだけ椅子がある立飲みスペースなんかもある(何だそれ?) 全部で50-60人は入れそうな店。黒板に「べに屋の約束事」というのが書いてあって、少しスベっている感がある。

せんべろメニュー

11:30-18:00まではお得なせんべろセット(1,000円)というのがある。リストにあるドリンクメニューから2杯。それとつまみは3種類の中から1つを選ぶ。休みの日でも注文できるそうなので、今回はこれをお願いした。この日は生憎おでんの仕込みが終わっていなかったので、おつまみ4種盛りをオーダー。そして初めの1杯目は生ビール。

サッポロ黒ラベル(樽生)

せんべろセットではないとこれが1杯390円なのでかなりお得。そもそもの値段もかなり安い。続いておつまみ4種盛り

おつまみ4種盛り

枝豆・白菜キムチ・どて煮・大豆煮の4種類。写真ではわかり辛いけど、十分な量がある。

定食メニュー

14:00までは7種類の定食をワンコイン500円で食べられる。となりの席のカップルは昼の定食を普通に食べていて、横目にみたら内容は充実していた。この時間まで何も食べていなかったので定食+ビールでも良かったかも知れない。そして2杯目はグレープフルーツサワー。

グレープフルーツサワー

まる福」のようなグレフルハイを期待したけど、これは甘いやつで失敗だった。

メニューの一部

せんべろセットでなくて、飲み物・ツマミとも結構安いので普段使いにもいいと思う。17:00以降は席料として100円かかるけどそれでも安い。名古屋には昼飲みできる店が少ないけど、こうやって足で探せば(ラッキーだったけど)見つけられる。佐野屋さんはまた次回リベンジしようと思います。

基本情報

  • 店名 :大曾根 べに屋
  • 住所 : 愛知県名古屋市北区大曽根3-14-41
  • 営業時間 : 11:30-23:00
  • 定休日 : 調査中
  • 予算 : 1,000円

この店に関係するリンク

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

コメント