自分でおかずチョイスの定食屋は注意しないと大変!|布金食堂-港区-名古屋競馬場前駅

今日も食事難民として街を彷徨うわけですが、目の前に名の通った「牛丼チェーン」や「ファミレス」があったとしても、せっかく引っ越してきたんだからと、新規開拓に勤しむ毎日。今日はここで昼食です。

Google先生でヒットした古くからある感じの定食屋。店構えは郷愁をそそります。看板にも「めし」「とん汁」と。

◆ずらりと並ぶおかず達

ドアをがらりと開けるとそこは長テーブル数個に丸椅子。全部で20人位は入れそうです。そして正面にはご覧のとおり作りおきのおかずがところ狭しと並んでいます。

◆メニューは「めし」と「とん汁」のみ

ちょっと(全く)見えにくいけど、壁には「めし・汁もの」のサイズと値段が書いてあるのみでおかずの値段は全く不明。

あ“――――こういうのヤバいパターンなんだよなぁ!!!!(-_-)

並べられたおかずを好きなように取っていくと間違いなくお会計でビックリするレベル。ここで自制心を保たなければ、あとあと後悔することになるので初回はこれらをチョイす。

◆今回の昼飯

「こんぶとちくわの煮物」「残り物のおかずの盛り合わせ」的なものをチョイス。それにご飯ととん汁。これならミニマムで押さえられたろ?とワンコイン以下だろ?とナローボディーな串カツを食べながら考える。ご飯はこれで「小」なので大盛りとかだとヤバいね。

◆セルフサービスのお茶

食べ終わって威勢の良いおねーさんにお会計を頼む。ほう、あちらのおじさんはえびふりゃーに玉子焼きですか?美味しそうと思っていると、おねーさんが、

790円になりまーーーーーーす!!!!!

って、

まぢかよっ!!!!!!!!!(o)

世の中やっぱり甘くないっすね。残り物みたいなおかず食べて、しかもご飯に焼うどんをおかずにして食べて790円とは(汗)最近はラーメンも1,000円オーバーなんてのが珍しくなくなってきたので、こんなものなのかもね。しかし名古屋ではまだまだ当たりが引けなくて自分の嗅覚を疑うそんな昼下がりなのでした。

この店のまとめ

  • 老舗の食堂らしい
  • 店内には威勢の良いお姉さま方働く
  • 金額表示があるのはご飯・とん汁・味噌汁のみ
  • おかずは言えば温めて持ってきてくれる
  • おかず取り過ぎ注意

基本情報

  • 店名 : 布金食堂
  • 住所 : 愛知県名古屋市港区小碓3-210
  • 営業時間 : 11:00-14:00/17:00-20:00
  • 定休日 : 土日祝
  • 予算 : 1,000円以下

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク