朝から呑める老舗居酒屋で赤星を|いづみや 本店-さいたま市-大宮駅

世の中はシルバーウィーク期間中の平日、TwitterTLには「いやだいやだ」「行きたくない」「もう帰りたい」と言葉がこれでもかっ!ってほど漂流していた。そんなに行きたくないのなら休めばいいのに・・・と思ったが、最近の世の中はそんなに甘くない。自分は長い夏休みを取らなかったのでたまには良いかなと思いきって谷間の平日2日間のお休みをいただいて6連休とした。前半の方は他の記事にも書いたとおり散々な目にあったが、この日は幾分天気も体調も良かったので、ちょっと足を伸ばして大宮へ。

大宮駅は人生で初めて降り立った。そこには以前からBookmarkしていた老舗の居酒屋がある。それが「いづみや」だ。

idumiya_sign2_0921

◆いづみや

大宮のいづみやには「本店」と「第二支店」がある。とは言っても両店は隣合わせという異例の展開。どちらに入ろうか迷ったが、まあ本店を先に抑えておく方がセオリーだろうと思い入店。店内は天井が高く、うなぎの寝床のような長テーブルを配し、片側に四人掛けのテーブル席が鎮座する2-3人で来れば間違いなく、長テーブルで相席となる。そして圧巻は壁一面に貼られた短冊メニュー。

idumiya_menu_0921

◆圧巻の短冊メニュー

敢えてフルサイズで写真を紹介するが、この沢山のメニューの中から、今日のツマミを決めるのは至難の業だ。定食・刺身・中華に揚げ物・焼き物、殆どのものがこの店にはある。ファーストオーダーはとりあえず瓶ビール。

idumiya_beer_0921

◆サッポロラガービール 510円

老舗の居酒屋にはやっぱり赤星が似合います。そして510円という価格はこれだけ雰囲気のある店で且つ、座りの店という事を踏まえると非常に安いと思う。ツマミは煮込みをオーダー。

idumiya_nikomi_0921

◆煮込み 170 

白モツメインの煮込みだけど、ちゃんと大根・コンニャクも入っていて量もちょうど良いサイズ。ビールと煮込みだけでも十分呑める。続いてしめ鯖をオーダー。

idumiya_shimesaba_0921

◆しめ鯖 330

こちらはしっかりと酢〆した感じで酒肴としては二重丸!ワサビもたっぷりでいい感じです。

idumiya_salt_0921

◆七味と塩のお手製瓶

カウンターには塩と七味の容器がいい味を出しています。なぜこの2つの調味料だけが、「なめ茸」の空き瓶なのか?これをすることで、どれでだけ節約できているのか?は不明ですがこういうのも何か良いですね。この店は再訪間違いなしですね。

初めて歩いてみた大宮駅周辺はこの東口付近に沢山の飲み屋と歓楽街があった。きっと夜になれば沢山の人でごった返すのであろう。ぜひ今度はツレと来て、夜の大宮を楽しんでみたいね。

この店のまとめ

  • 大宮駅東口から徒歩3分
  • なんなら階段下りたらすぐに看板が目に入る
  • 瓶ビールは赤星
  • 店内には無数の短冊メニュー
  • 本店と第二支店は隣り合わせ
  • 10:00から営業なので朝吞み・昼吞みに最適

基本情報

  • 店名 : いづみや 本店
  • 住所 : 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-29
  • 営業時間 : 10:00-22:00
  • 定休日 : 2回不定休
  • 予算 : 1,500円以下

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

埼玉県居酒屋
広告
この記事が良かったら「いいね」をしよう!
記事の更新や秘話をつぶやいていますのでフォローをお願いします
広告
For Your Info

コメント