【閉店】せんべろ好き必見!チケットを買うとお得な立飲み屋|秀吉本店-台東区-鶯谷駅

立飲みはあんまり好きではないのだけど、最近行く機会が多い。誰か立飲みでも疲れない・酔いが回らない方法があったら教えてくれませんかね?

だいたい、カウンターによりかかるってのが王道だけど、長くは続かないんですよね。20分もすると・・・

あ゛ーーー座りてーーー!!!(o)

となってしまう。年にはやっぱり勝てないです。

そんなこんなで今夜は鶯谷に来たんだけど、もう何十回と鶯谷にきているわりには(吞みに)まったく知らないお店。近くの「鳥椿」には何回かおじゃましたことあるのだけど、この奥まった場所に立飲みがあるなんて知らなかった。

ファストオーダーの前にチケットを購入。チケットは1,000円単位で売っていて、千円で1,100円分ついてくるので100円のプレミアム。普通の店はその半端を上手く使えないようにツマミの価格設定になっているのだけど、この店は殆どの天ぷら串が100円なので簡単に使いきれてしまう。良心的なお店だね。

IMG_0062

◆ホッピーセット

取り敢えずファストオーダーはホッピー。

ホッピーを呑みながら、使い切るための戦略を立てる。焼酎の量と中の価格・ツマミの価格などなど、計算は簡単にできた。ツマミは「春菊天」と「いも天」をオーダー。

IMG_0063

◆春菊とサツマイモの天ぷら

春菊はデカくて子供の顔のサイズ位はある。そして「いも天」は小ぶりに見えるが厚さがハンパない。はっきりいってこの2品だけでも十分だ。次にニラ玉をオーダー。

IMG_0065

◆にらの玉子とじ

ニラ玉は「こんなものか」という感じ。多分、玉子一つにニラがぱらぱらという感じ。

これをみて思い出したのは昔、祭りの夜店で売っていた一枚100円のお好み焼き。今はだいたい500円位(?)するものが主流だと思うけど、あの当時の100円お好み焼きは「桜エビor切りイカ」の二択で薄っぺらい生地に少しのキャベツが入ってた。それはそれで旨かったんだよね。そんなお好み焼きにこのニラ玉は似ている。

中を1杯追加して合計1,000円ちょうどチケットを使い切ったと思いきや、100円分余らせてしまった。追加で天ぷらを1つ追加してもよかったのだけど、財布に大事にしまっておいて、またの機会にくることにした。そういえばチケットの半券(頭の部分)は10枚貯めると200円分として使えるらしい。後から入ってきて横に立ったお兄さんがダブルクリップで留めて沢山持ってた。ビール一杯だけ飲んでサッと帰ってしまったけど、なかなかのご常連なんだなと、粋だなと、寂しそうだな・・・・・と思った。()

この店のまとめ

  • チケットの切れ端を10枚集めると200円分として使える
  • 天ぷらはオーダーごとに揚げてくれて、どれも100

基本情報

  • 店名 : 秀吉本店
  • 住所 : 東京都台東区根岸1-1-15
  • 営業時間 : 17:00-23:00
  • 定休日 : 日曜・祝日
  • 予算 : 1,000円以下

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

コメント