終電逃しても始発まで飲める居酒屋|綾瀬酒場-足立区-綾瀬駅

最近の週末は必ずといっていいほど昼寝をしている。まぁ何もしないで寝ている訳ではなく、朝早く家事をこなして、ジムにいったり、走ったり、午前中はスポーツをしていることが多い。そして最近暑い週末が続いているので、ビールやら焼酎やらワインやらやってしまって午後は昼寝というパターン。40歳代ともなると子供もすっかり大きくなって週末のイベントからは解放されるので結構ヒマになるんです。そのうち孫なんかできちゃったりすると、また忙しくなるんだろうね。

この日もすっかり昼寝をしてしまって起きたら夜の19時。土曜日だったのでたまには一人で夜更けまで、できれば朝まで呑んでみたいなと思ってた。最近は無茶することも少なくなってきてしまっているから・・・・。場所は歩いて帰れるエリアを選択。そういう「眠くなったら」「つまらなくなったら」帰れる場所を選択しちゃうとこがチキンなんだけどね。

一応()、朝までやっている店を選択。この店はちょっと変わっていて営業時間は20時~7時という変則型。帰り路にいつも見ていたんだけど、客が入っているのを見たことが無い。でも今回の思惑にはぴったりくる店なので初訪問してみた。

ayase-table

◆店内風景

やっぱり店内に先客はおらず。時計は既に23:30を過ぎている。もう少しで終電だからこの時間帯は宴たけなわな客が居てもよさそうなものだが誰もいない。店内はDIY臭がプンプンする机や椅子が並べられていた。既に落書き?サイン?みたいなものも書かれているし。「うーん。失敗したかもだな」

ayase-ball

◆下町ハイボール

ファストオーダーは下町ハイボール。味は可もなく不可もなく。注文は串の盛り合わせを頼んでみた。盛り合わせと言っても自分で選べるので、「かしら・なんこつ・レバ・ハラミ」を塩で注文してみた。旨かったら追加オーダーをしよう。と、そこに

ayase-motsuyaki

◆串焼き盛り合わせ

全部ネギ間ジャマイカ!!!!!(-_-)

よーく見ると、一本づつ種類が違うのだけれど、間にはすべからくネギが・・・。肉の少なさをネギでボリュームマシマシにしてるのだろうけど、これは完全に、

ギャ・ク・コ・ウ・カ

むしろ「やまざき」のもつやきの方が小さく見えるけど潔く思える。あー、どうしてこうしちゃったのかなぁ。一気のテンションさがってしまった。ボールを追加し、厚揚げを注文するも、品切れのサイン。ならばとメニューに書いてあった「スペシャル綾瀬冷奴」を注文してみた。ほどなくして・・・・

ayase-yakko

◆スペシャル綾瀬冷奴

普通ジャマイカ!!!!(-_-)

あーこれは・・・この店で・・・朝まで過ごすことなんて・・・無理だなー(汗)それでも1時間30分程は滞在して時を過ごした。

店のツマミは自分の舌に合わなかっただけだけど、悪いことばかりではなった。店内にはFMが流れていて普段は夜中のFMを聴くことなんて殆どない。それは新しい体験でこの店に来なかったら出来ないものだった。結局、朝まで飲み明かすなんてどだい無理な話となって、ベッドの上でいつもと変わらない日曜日の朝を迎えることとなった。

この店のまとめ

  • もつ焼きはあまりおススメしません。全てネギ間状態
  • 20時から7時の変則営業時間
  • 終電後も始発まで飲める

基本情報

  • 店名 : 綾瀬酒場
  • 住所 : 東京都足立区綾瀬1-38-14
  • 営業時間 : 20:00-7:00
  • 定休日 : 月曜日
  • 予算 : 1,500円以下

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

スポンサーリンク