居酒屋と名前が付きますが邪道ですみません|はなこ-港区-新橋駅

世のおじさま方も一回はこの看板を見たことがあるはず。居酒屋と名打っているものの、なんかちょっと怪しい看板で、もしかしたらボッタクリにあうのではないか?そんな心配をしていた。

今夜は遠く遠征をして同僚5人となぜか呑むことになったここ調布。土地勘もないのでどっちに行けば、どんな店があるのかも分からず、夜の街を彷徨う。

飲み屋街を少し歩いて見つけた看板。いつもの一人呑みであれば100%避けるであろうこの店に、今回は「5人もいるんだからだいぢょぶじゃね?」と軽いノリで入店したのが「居酒屋はなこ」だ。

店内に入ると先客は2-3名といったところでガランとしていた。促されるままに席に座りまわりを見渡す。そして、黄色い声。

hanako-waribashi

いらっしゃいませー♡♡♡♡(o)

完全にビジュアルで採用してるよね?絶対スタイル重視で採用してるよね?的アルバイトのお姉さんが登場。メニューを見ると全体的に高め設定で「うーむ」どうしたものか?とみな考える。

hanako-name

どうやら枝豆はお替り自由なようなのでそれをチョイス。そしてエイひれなんかもオーダー。取り敢えずは乾杯し、みなでツマミの枝豆をむしゃむしゃ食べる。これがホントの「つまみ枝豆」()

hanako-edamame

枝豆がなくなるたびに、お替りをお願いすると、露出度高めの綺麗なおねぇさんが持ってきてくれる。普段行っている場末の酒場とはコンセプトが根底から違っており、持ってきてくれたお姉さんとちょこっとした会話を楽しむ。そうこれは、

hanako-post

邪道ジャマイカ!!!!(o)

でも少しだけ・・・・

hanako-poteto

楽しい♡

もう今や居酒屋は普通のスタイルでは生きていけないのかもしれない。他店とは違ったコンセプトで攻めないとねー。280? 180円?均一なんて居酒屋も増えてきているし、個人経営の店は凄く大変だよね。帰りのお会計で一人3000円!!とか徴収されると「いつも居酒屋に何回行けるんだよっ!」って思っちゃう自分にはむかない店でした。枝豆とビール3杯くらいでは割に合わないわ。

この店のまとめ

  • 店員さんはビュジュアルクイーン
  • 枝豆お替り自由
  • 値段設定は全体的に高め
  • 男子だけで行くのがおススメ♡
  • 話のネタ的なお店

基本情報

  • 店名 : はなこ
  • 住所 : 東京都港区新橋4-10-2 ホテルサンルート新橋2F→Google地図で場所を確認
  • 営業時間 : 17:0023:30
  • 定休日 : 年始
  • 予算 : 4,000円以下

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク