常連さんは話好き?YOU入れちゃいなよ!土手鍋に!|水谷-岐阜市-岐阜駅

岐阜では色々と居酒屋めぐりをしようと思ってたんだけど、なんかあまり良さげなところが無かったのが残念。驚いたのは地方における人の少なさだよねー。金曜日の昼間だというのに街に人が少ない。混み具合は日曜日の朝じゃないか??と錯覚する感じの人の量。

これじゃぁ良い居酒屋なんて育たないのかも知れないね。夜も一向に人が増えるような気配もなかった。地方は車社会だから国道沿いとかに人が集まるらしいけど、車で乗り付ける「老舗居酒屋」なんて存在するかね?そんな中かろうじて見つけた昼呑みできる良さげな居酒屋、それが「水谷」だ。

ググって14時オープンとのことだったので街を探検しながら14時オープンを待つ。普段、居酒屋が開くのを待つポールポジションを取るなんてことはしないんだけど、

「他に見るものがねぇ!」

から、仕方なく5分前に店の前で待っていると、

15時からだよ」

と、言われ。大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」がリフレインして鳴り止まない。岐阜に着いたそばからお土産買う気になれず、歩け歩け運動したり・ホッピー呑めるような場所をかろうじて見つけて投げ捨てるような1時間がやって経過し、ジャスト15時に店に行くと・・・・

満席じゃねーか!!!( `ー´)ノ

1席だけ、いや普段は席として機能しないエリア(焼き場の人とノーズ&テールの場所)に丸椅子おいてもらってどうにか座れた。周りを見渡すと他の人達は完全に出来上がっている。

「何時からやってたん??」

という疑問はアウェーの洗礼を受けたと思ってグッと呑みこんで。ビールの泡で流しましょう!

IMG_9273

えらい狭いエリアに皆肩寄せ合って呑んでる目の前には土手鍋と反対側にはおでん鍋。こんな砂被りのポジションでこの鍋を見られるのは特等席かもしれませんね。ツイテル!ツイテル!

そう言い聞かせ、まずはモツ煮。モツ煮と言ってもみんなの想像するアレではなくて、

IMG_9274

これです。

カラシをたっぷりつけていただくと・・・

旨い!なコレ!!

他に鍋に何が入っているのか、勝ってにサルベージしていると隣の常連さんが声を掛けてくる。勝手にさわるな!と怒られると思いきや、

「ここら辺にあるもの何でも勝ってに入れちゃっていいよー♪」

って、

IMG_9279

「このカキフライもすかっ??」

「いーよー」

IMG_9278

だって。基本串にささっているものは何でも入れて良いらしく、おでん鍋にはいっているものもOKとのことで、玉子とたけのこをサルベージして入れてもらいました。

IMG_9275

豆腐も半分たべちゃったけど旨かった。ところでこの店はもつ焼きと名乗っていたのでなんこつとレバーをオーダー。

IMG_9276

両方とも塩でと注文したけど願いは届かなかったようです。

IMG_9277

この後2-3頼んで、ぬる燗呑んだりして常連さんと与太話。ここいらじゃ有名な老舗のもつ焼き屋さんだそうな。ダークダックススタイルなんて比べものにならないほど狭い店内だったけど、岐阜駅周辺だとこの店がベストかも知れませんね。

この店のまとめ

  • 開店時間は自称 14:00から(遅くなることもあり)
  • もつ煮は串に刺さった土手焼きスタイル
  • おでんの具を入れちゃってもOK
  • なんならカキフライも入れてOK
  • もつ焼きはそこそこな味
  • とにかく店内は狭い

基本情報

  • 店名 : 水谷
  • 住所 : 岐阜県岐阜市長住町4-2 →Google地図で場所を確認
  • 営業時間 : 14:0021:00 () / 13:0019:00 ()
  • 定休日 : 日・祝
  • 予算 : 2,000円以下

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

居酒屋岐阜県
広告
この記事が良かったら「いいね」をしよう!
記事の更新や秘話をつぶやいていますのでフォローをお願いします
広告
For Your Info

コメント