下町ハイボールは迎え口で|日の丸酒場-墨田区-八広駅

なみなみと注がれる下町ハイボール

駅近なのに縁がなかった店

僕は墨田区で生まれ育った。押上というエリアで押上はもちろんの事、曳舟・八広もテリトリーにもちろん入る。八広という駅はその昔、荒川土手という駅名だったがいつの頃だったか呼び名が変わっていた。

この荒川土手は小さい時から良く使っており、少年野球の練習に行くのに使っていた。成人になったころには既に墨田区を離れていたのでこの辺りの下町酒場にはあまり縁がなかったが、この店もネットなどで見ていて、いつかは訪問したいと思っていた店、それが「日の丸酒場」だ。

この辺りは繁華街というには程遠いエリアで完全な住宅街、商店なども少なくひっそりとしている、昔から知っている僕は「本当にこの辺に良い酒場があるのだろうか?」と疑心暗鬼でいた。またハシゴ酒も厳しいエリアで次に行くには電車移動を強いられるし、満席で店に入れなければ露頭に迷うことになる。事実当日も3人組が満席だったので断られてしまっていたし、近くに唯一ある丸好酒場も臨時休業だったりした日だった。

ボトルパフォーマンス

IMG_9099

いくつかのサイトで書かれているとおり、店主・店員さん達の愛想は乏しい。でも僕はそう思わない。みんなしっかりと仕事をしているし、とりわけ、女性と子供にはめちゃくちゃ優しい。普段はしかめっ面なのだが、一瞬見せるその優しい顔をみて、この人達はすごく優しい人達なのだと思った。そして下町ハイボールを注文すると液体の入っているJINROの瓶を手元でクルクルッと回して見せる。そしてカウンターに置かれた空のグラスは表面張力の限界まで注がれ、迎え口でなければこぼれてしまう。

刺身と揚げ物

IMG_9101

ツマミはそれほど数多くないが、刺身の種類が充実しているし、揚げ物も豊富だ。僕は最近焼き魚をあまり食べていなかったので「ししゃも」を注文したが、次回は刺身とか揚げ物も食べてみたい。また一番高いメニューで「ビーフシチュー 650円」というのもあったのでチャレンジしたいと思っている。場所的に少し行きにくい場所ではあるが近日中に再訪確定の良い店だった。

この店のまとめ

  • 住宅街にあってハシゴ酒は難しい
  • 店員さんの見た目は怖いが実は優しい
  • 注ぐ時のボトルパフォーマンスは必見
  • 下町ハイボールはなみなみ注がれる
  • 刺身・揚げ物が旨い

基本情報

  • 店名 : 日の丸酒場
  • 住所 : 東京都墨田区八広6-25-2
  • 営業時間 : 17:00-23:30
  • 定休日 : 不定休
  • 予算 : 1,500円以下

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

居酒屋
広告
この記事が良かったら「いいね」をしよう!
記事の更新や秘話をつぶやいていますのでフォローをお願いします
広告
For Your Info

コメント