韃靼そば茶ハイ ドリンクスタンドとは妙名|小島-豊島区-池袋駅

僕は韃靼そば茶ハイが超お気に入り

ALL300円の立呑み

今でこそ、290円均一の居酒屋をチェーン店が展開しているが、この店は古くからツマミ・ドリンクをALL300円で提供している立呑み店だ。店内はもちろんカウンターのみの作りで、10名位が陣取ればそれで満員状態。フィリピン人のおかみさんと楽しくお話しできるいい店だ。話はそれるがフィリピン人はとてもフレンドリーな国民性がある。僕の英語の先生もフィリピン人だが、とてもお喋り好きで基本ポジティブ、愛想もいいし、人懐っこい性格。フィリピンパブという物が今でも日本に根付き、営んでいけるのはそんな要素がおおいに関係していると思う。

土地柄か面白い方々と出会える

kojima-kozeni

池袋という土地は様々な人がいる。この店はそんな人達を全て受け入れてくれる優しいお店。僕がこの店で出会った方々は、「70歳くらいと思われるのに20歳代の男子しか受け入れない女性」「ドラマのエキストラに良く出ているB級俳優の方」「外科医の先生」「ストリートミュージシャン」「大手IT企業のエンジニア」「呑み歩きブロガー」などなど、隣に立てば一瞬で友達となり、呑み友となれる温かい雰囲気がある。また店内の壁には小さな籠がたくさんぶら下がっていて、常連になると自分用のキャッシュオン時に小銭を入れる籠がキープできる。常連は思い思いのキーホルダーやストラップなどを付けていて、それを眺めているだけでも面白い。

韃靼そば茶ハイは美味

kojima-konbifu

お茶ハイの種類はたくさんあるけど、この店の韃靼そば茶ハイは群を抜いていると思う。香ばしさと芳醇な香りは店で煮出した美味しいそば茶。そのお茶で焼酎の割って呑むのだから旨くないはずがない。韃靼そば茶はスーパーなどであまり見かけないのでこの店で呑むしか方法はないのだが、手に入れたら一度は家で作って呑みたいと思う。また僕のお気に入りのツマミは「コンビーフ」炒めるかそのままかと聞かれるがそのままの方が好きで傍らに添えられているマヨネーズに七味を混ぜて付けて食べる。なんでもないツマミだが、呑べえには嬉しいアテである。

この店のまとめ

  • ALL300円(一部除外)
  • フィリピン人のおかみさんが楽しい
  • 様々な面白いお客さんに出会える
  • 常連になればマイ小銭籠がキープできる
  • 韃靼そば茶ハイが超おすすめ

基本情報

店名 : 小島

住所 : 東京都豊島区東池袋1-39-11 サニーサイドビル101

営業時間 : 15:00-24:00() 12:00-24:00 (土日祝)

定休日 : 年中無休

予算 : 1,500円以下

この店に関係するリンク

なし

訪問記録(都度書き足していきます)

日付 :

頼んだもの :

感想 :

スポンサーリンク